November 29, 2021 Hello Kids

2032年 Brisbaneオリンピックへの高まる期待

2032年、クィーンズランド州の州都ブリスベンにて夏季オリンピックが開催されます。世界的なイベントであるこのオリンピックの開催に、オーストラリアと世界の人々は一体どんな期待を寄せているのでしょうか? 

ブリスベンにおける2032年オリンピック・パラリンピック招致は、2015年に市長会議(SEQ)が長期的なインフラ計画の一環として招致の可能性を調査することに合意したことから始まりました。 

その後、実際に招致活動が活発化したのは、国際オリンピック委員会(IOC)がブリスベンを「優先開催地」として認めた20212月のことでした。そして6月、IOCは、ブリスベンを2032年大会の優先候補地として正式に推薦をしたのです。 

オーストラリアがいくつものライバル国を抑えて成功を収めたのは、ちょうど今年の東京オリンピックが始まったばかりの721日のこと。トーマス・バッハIOC会長は、現地時間の午後630分頃、5回オリンピック競技大会はオーストラリアのブリスベンに決定した と世界に向けて発表しました。 

クィーンズランド州のアナスタシア・パラシェ首相は、この決定を歓迎し、次のように述べています。「我々クィーンズランド州はスポーツを愛する州であり、これにより新たな黄金時代が到来することになります。今夜は、クイーンズランド州のすべての人にとっての勝利です。」

在ブリスベン日本国総領事の田中一成氏も、IOC の発表を歓迎し、次のようにツイートしています。「おめでとうございます。2032 年は、クィーンズランド州の素晴らしさを世界に示すことになるでしょう。」

2032723日から88日まで開催される世界最大のマルチスポーツイベント、ブリスベン・オリンピック。オーストラリアはこの世界的なイベントの成功に向けて、既に動き始めています。

 

オーストラリアのオリンピックの歴史

オーストラリアでオリンピックが開催されるのは、2032年のブリスベンが初めてではありません。1956年にビクトリア州の州都メルボルンで開催された後、44年後の2000年にはシドニーに再びオリンピックがやってきました。

オーストラリアは両大会ともメダル獲得数で3位、4位と大成功を収め、シドニー大会ではIOC会長をはじめ多くの評論家から「史上最高の大会」と評されました。 

また、オーストラリアは、近代オリンピックのすべての大会に選手を派遣した2つの国のうちの1つであり、国民のスポーツへの関心の高さを示しています。 

またブリスベンは、過去に46カ国から1,500人以上のアスリートが参加した1982年のCommonwealth Gamesなど、大きな国際イベントを開催した経験もあります。 

 

ブリスベン 2032

ブリスベンでは、大会開催による経済効果を期待しており、観光・貿易面で46億ドル、健康、ボランティア、地域社会などの社会面で35億ドルの効果が見込まれています。 

ブリスベン市議会は、ブリスベン・メトロの交通網、ブリスベン・リバーに架かるグリーン・ブリッジ、ビクトリア・パークの改造など、大会に向けて市内のインフラを強化するための多くのプロジェクトがすでに進行中であることを発表しました。 

クィーンズランド州の州都には、オリンピックの32の競技会場のうち18の会場が設置されるほか、国際放送センター、メインプレスセンター、オリンピック・パラリンピック選手村などの主要な施設も設置されます。 

今回のオリンピックは平均気温が920度のブリスベンの冬に開催されるため、競技を行う上でも非常に適した環境と言えます。また、ブリスベンは年間300日以上の日照時間を誇り、もともと屋外でのアクティビティには最適な気候であることもよく知られています。 

 

スポーツ以外にも見どころ満載の街、ブリスベン

オーストラリア3の都市であるこの街は、テーマパークやビーチのあるゴールドコーストから北へ車で1時間、大自然に囲まれたサンシャインコーストから南へ約90分のところにあります。 

またブリスベンは、多様な文化を持つ人々に支えられ、フードシーン活気に満ちています。現在、都市部のリバーフロントや市内の人気スポットには、数多くのレストランやカフェが広がっています。 

オーストラリアで最も多くの人が訪れるアートギャラリー「QAGOMA」や、州内でも有数のパフォーミングアートスペース「QPAC」があるサウスバンク地区は、アート好きにはたまらない活気に満ちたカルチャーシーンが有名です。 

ブリスベン経済開発庁EDAは、「オリンピック期間中に世界中からブリスベンを訪れる観光客は、心から歓迎されるでしょう」と語っています。 

「都心で体験できるカルチャー、アボリジニ・トレス海峡諸島民の芸術・文化体験、ビーチや山間でのアクティビティなど、観光の魅力は数え切れないほどあり、これらはすべて、ブリスベン地域全体での観光客需要を拡大することでしょう。」 

また、W BrisbaneCrystalbrook VincentThe Calile HotelEmporium South Bankなどの新しい高級ホテルが開発され、「5,000室以上の新しい客室と会議・イベント用施設が提供される 」予定になっています。 

ブリスベンは日本との時差も1時間のみで、成田空港から直行便を利用すれば約9時間で訪れることができるのも、日本人観光客にとっては魅力の一つかもしれません。 

またEDAは、「ブリスベンは、国際会議、コンベンション、ビジネスイベント、スポーツ大会などの開催において、オーストラリアで最も注目される都市です。オリンピック都市として世界の舞台に立つブリスベンは、世界水準の会議施設、国際水準のスポーツスタジアム、無数のホテル、亜熱帯のライフスタイル、多様なツーリスト向けの体験アクティビティを誇り、ヒンターランドの山々から美しいビーチまで、恵まれた自然景観に囲まれています」と述べています。

いかがでしたでしょうか?オーストラリア第3の都市、ブリスベンにご興味をお持ち頂けたでしょうか?お子様との親子留学と共に、ぜひ現地でしか味わえないたくさんの体験をして頂きたいと思います。(HelloKids事務局)

 

 

 

November 26, 2021 SuzukiYuta

Brisbane 2032: Olympics return to Australia

The Summer Olympics are returning to Australia, with the Queensland capital of Brisbane set to host the 2032 Games. What can Australians and the rest of the world expect from this upcoming edition of the global sporting event Down Under?

Brisbane’s bid for the 2032 Olympic and Paralympic Games started in 2015, when the Council of Mayors (SEQ) agreed to investigate a potential bid as part of long-term infrastructure planning.

However, it was not until February 2021, when the International Olympic Committee (IOC) granted Brisbane “preferred host” status that the bid picked up steam. In June, the IOC’s Future Host Commission officially recommended Brisbane as its preferred candidate for the 2032 Games.

Australia’s success over rival bids was confirmed on July 21, when the Tokyo Games had just commenced. At around 6.30pm local time, IOC President Thomas Bach told the world that “the Games of the XXXVth Olympiad are awarded to Brisbane, Australia.”

Queensland Premier Annastacia Palaszczuk hailed the decision, saying: “We’re a sports-loving state and this will give us our golden age in Queensland. Tonight is a victory for every single Queenslander.”

Kazunari Tanaka, Consul-General of Japan in Brisbane also welcomed the IOC’s announcement, tweeting: “Congratulations! 2032 will show to the world how good Queensland is! And all the best to Aussie athletes, my compatriots and all participating athletes around the world for Tokyo 2020.”

After the success of the Tokyo Olympics, Australia will be keen to set a new benchmark for the world’s biggest multi-sport event when it hosts it from July 23 to August 8, 2032.
 
 

Olympics in Australia

Brisbane 2032 will not be the first time the Olympics have been held in Australia. In 1956, Australia hosted the Games in the Victorian state capital of Melbourne, with Sydney next to host the event in 2000, some 44 years later.

Australia proved highly successful at both Games, finishing third and fourth in the respective medal counts, while the Sydney Olympics were described by the IOC president as well as a number of critics as “the best Games ever.”

In Tokyo, Australia finished sixth on the medal tally, one spot below Japan. Australians will be aiming to climb even higher on the table when the event is held on domestic soil.

Notably, Australia is one of only two countries to have sent athletes to every modern Olympics, demonstrating the nation’s love of sport.

Brisbane also has some past experience in hosting major international events, including the 1982 Commonwealth Games, which featured more than 1,500 athletes from 46 countries.
 
 

Brisbane 2032

Brisbane is eyeing an economic boost from hosting the Games, comprising a projected A$4.6 billion boost to tourism and trade and A$3.5 billion in social improvements such as health, volunteering and community benefits.

The Brisbane City Council has announced a number of projects are already underway to enhance the city’s infrastructure ahead of the Games, including the Brisbane Metro transport network, Green Bridges over the Brisbane River and the transformation of Victoria Park.

The Queensland state capital will be home to 18 of the 32 Olympic competition venues and also host key non-competition facilities, including the International Broadcast Centre, Main Press Centre and Olympic and Paralympic Games Athlete’s Village.

Fortunately for visitors, the Summer Olympics will occur during Brisbane’s winter, when mean temperatures range between 9 to 20 degrees. Brisbane also boasts more than 300 days of sunshine a year, making it an excellent venue for outdoor activities.
 
 

Non-sporting attractions

For tourists keen to explore further, Australia’s third-largest city lies only a one hour drive north of the Gold Coast with its theme parks and beaches, or around 90 minutes south of the Sunshine Coast with its range of natural attractions.

Brisbane also has a vibrant contemporary food scene, aided by its multicultural population and outdoor lifestyle, with a number of restaurant precincts now spanning the urban riverfront and “hot spots” across the city.

Arts lovers can also look forward to a vibrant cultural scene, with the South Bank precinct near the city hosting Australia’s most visited art gallery, QAGOMA, together with the state’s premier performing arts space, QPAC.

“Tourists to Brisbane during the Olympics will be welcomed with open arms,” says Brisbane’s Economic Development Agency (EDA).

“There are myriad tourism drawcards, including inner-city adrenaline activities, Aboriginal & Torres Strait Islander art and cultural experiences, and mountain and water-based activities on offer, all extending the visitor spend throughout the wider Brisbane region.”

The agency also points to the development of new luxury hotels, including W Brisbane, Crystalbrook Vincent, The Calile Hotel and Emporium South Bank, “providing more than 5,000 new rooms and additional meeting and event facilities.”

Importantly for Japanese visitors, Brisbane is only one hour ahead of Japan time, with direct flights from Tokyo’s Narita airport taking around nine hours to reach the Australian city.

And with Japanese language widely studied in Queensland schools and more than 10,000 Japanese living in Brisbane, Japanese tourists to the Games can expect to be greeted in their own language.

“Brisbane is Australia’s ‘go-to’ city for international conferences, conventions, business events, and sporting competitions,” says Brisbane’s EDA.

“Now on the world stage as an Olympic city, Brisbane boasts world-class conference facilities, international-standard sporting stadiums, myriad hotels, a sub-tropical lifestyle, an enviable cultural scene, a diverse range of visitor experiences, all set amidst natural landscapes from hinterland mountains to the Bay.”

Thinking about joining in the excitement in 2032? Talk to Hello Kids about how we can make your visit a memorable one, with an educational as well as sporting experience.