10月 8, 2021 Hello Kids

プレゼンスキルを伸ばすオーストラリアの教育方法とは?

オーストラリアの子どもたちは、どうしてクラスメートや同級生の前で、緊張もせずに堂々と話すことができるのか不思議に思ったことはありませんか?

その答えは、オーストラリアの教育システムにあるのかもしれません。

オーストラリアの教育システムでは、言葉や文章によるコミュニケーション能力の発達に重点が置かれています。

学校の授業でもパブリック・スピーキングの機会は早い時期から設けられており、幼稚園児においても、話す、聞く、そしてそれ以外の表現を含むコミュニケーション・スキルを身につけることが求められています。

クイーンズランド州教育課程評価機構(QCAA)は、「コミュニケーション能力は、子どもたちが自分の考えや感情を表現したり、質問したり、学んだり、他人とつながり交流したりする能力を含め、子どもたちの日常生活の基本である」と述べています。

QCAAは、子どもたちがバーバル・コミュニケーション・スキル(言語によるコミュニケーション)を高めることで、自己肯定感の向上、他者との関係改善、教室での学習能力、学業成績の向上などのメリットがあることも指摘しています。

バーバル・コミュニケーション・スキルを養うために教師が用いる手法としては、子どもたちに物語を読み聞かせる、詩を書かせる、質問をする、ディスカッションをする、アプリなどのテクノロジーを使うことなどが挙げられます。

これは、幼児が耳にする言葉の量(単語の数など)と質(文章の複雑さなど)が、その後の言語能力や読み書き能力の基礎になるという研究結果に基づいています。

小学校と高校では、日本語、フランス語、ドイツ語などの外国語を学ぶことで、コミュニケーション能力をさらに高める機会が用意されています。クイーンズランド州のブリスベンにあるWeller’s Hill State Schoolなどでは、日本語とその文化を深く体験するためのイマージョン・プログラムを実施しています。

また、ディベートやその他の競技を通じて、人前で話すことも学びます。ブリスベン州立高校では、「ディベートは自信を育み、参加者には他人の話を聞き、他人の視点の正当性を理解することが求められる」と述べています。

これらは競争的な意味を含むイベントですが、ブリスベン校は、”生徒たちはチームとして協力すること、聴衆の前で話すこと、自分の主張を明確にすること、相手の主張を聞き、理解し、分析し、反論すること、そして最後には相手と握手することを学ぶ “ことの重要性を指摘しています。

また、オーストラリアの学校では、評価プロセスの一環として、パワーポイント、ポッドキャスト、ボッドキャストなどのテクノロジーを使った口頭および視覚的なプレゼンテーションを行っています。生徒は、先生やクラスメートに口頭で自分の考えを発表し、そのパフォーマンスを評価されます。

オーストラリアの教室では、教師に質問することが奨励されており、他の生徒と討論することも珍しいことではありません。生徒は手を挙げて発言の許可を得ることが求められ、日本の一般的なクラスルームの様子と比較してみても、このような議論はより活発に行われていることと思います。

 

本の学校における教育環境の特徴

コミュニケーションを重視するオーストラリアの教室は、生徒が話すことを抑制されるような雰囲気を持つ伝統的な日本の教室の様子とはやや異なります。

レスター大学のジム・キング氏は、日本の教室における「科学の壁」は、心理学、文化、教育方法など、さまざまな要因によるものだと主張しています

日本の英語の授業の様子を調査した際、キング氏は多くの生徒が自分の英語力が不十分であることに「精神的な恐怖」を感じていることを発見しました。

「日本の生徒の多くは、周りの人に配慮するように教えられています。そのため、自分自身を監視するようになるのです。」とキングは言います。

またキング氏は、多くの教師が生徒同士で英語を練習する機会をほとんど与えていないことにも気が付きました。

日本の中高生は周囲からの同調圧力のために、英語が上手になりすぎるのを嫌がるという見方さえもあります。

日本では「出る杭は打たれる」ということわざがありますが、生徒たちは英語をしゃべりすぎて目立ってはいけないというプレッシャーを感じていることも、少なからず事実として存在しているのです。

 

家族のサポートが大切

では一体、どうすれば子どもたちは周囲との厳しい競争に打ち勝ち、より優れたプレゼンテーションスキルを身につけることができるのでしょうか?

仕事での面接や顧客へのプレゼンテーションなど、将来のキャリアを成功させるためには、優れたスピーキングスキルを身につけることが重要な資産となります。

「The Parents’ Guide to Raising CEO Kids」の共著者であるサラ・L・クック氏は、「学校に行って仕事をするだけではなく、起業家精神を身につけることが必要だという教育パラダイムの変化が起きています。」と述べています。

「子どもたちが仕事に就くためには、起業家としてのスキルが必要です。また、自信を持って人と接することができなければなりません。人前で話すことで、その自信を示すことができるのです。」

親は、家庭での “Show and Tell “(簡易的なプレゼンテーション)の励行、携帯電話のカメラなどを使った練習、ドラマやディベートなどのアクティビティへの参加など、さまざまな方法で子どもたちの話す能力を育てるサポートを行うことができます。

しかし、英語を聞いたり話したりする能力を高めるためには、オーストラリアのような英語圏の国など、異なる環境に身を置くことが何よりも効果的です。

Global Sky Educationが運営しているオーストラリアの幼稚園では、日頃から幼児年代の子どもたちによるShow and tellが一般的に行われており、子どもたちが他の人の前で話すことを奨励しています。

こうして幼児期に身につけたスキルは、その後の人生で非常に重要な資産となるのは間違いありません。

(HelloKids事務局)